複数ある融資の方法の特徴を把握して上手に銀行と付き合う

特長を比較する

貯金箱とコイン

カードローンは、消費者金融と銀行のそれぞれがサービスを行っています。銀行カードローンは、審査がしっかりしている分、返済にかかる負担が消費者金融よりも軽くなるといったメリットがあります。

詳しく見る

誰にも知られずに契約する

笑う女の人

専業主婦が借入れをする目的は、家族や旦那さんに知られたくない内容がほとんどです。銀行カードローンでは、契約の際に必要な書類が身分証明書のみなので、家族に知られずに借入れの契約を結ぶことができます。

詳しく見る

より快適な生活を

カード

クレジットカードでの決済は、現金での決済よりもお得な特典が沢山付きます。クレジットカードを利用することで、普段の生活がより快適になり、生活の質を高めることができます。

詳しく見る

4つの方法

銀行

融資には4つの方法があり、これらの内容をしっかりと把握することでよりスムーズに金融機関から融資を受けることができるようになります。融資の方法の1つ目は、証書貸し付けです。この証書貸付は、金銭消費者賃貸契約書という契約書を銀行に差し出す形で融資を受けます。長期の返済期間での借入れを行う際には、この証書貸付が一般的に行われます。長期間にわたり返済できると、月ごとの返済の負担を軽くすることができるため、返済の負担を抑えることが可能です。手元に現金を残しやすいこの融資の方法は、新たな投資を生み出す方法としても考えることができるでしょう。2つ目の融資方法は、手形貸し付です。この手形貸付は、貸出を行う側が手形を振出し、融資を受けた側は、手形の期日にその金額を振り込んで返済を完了させます。主に短期の融資契約を結ぶ際にこの方法は使われると考えられます。仕入れ先の支払い資金が一時的にショートしたときなどに活用すると便利でしょう。3つ目の融資の方法は、手形割引です。この方法は、融資を受けた資金を返済する必要がありません。売上代金を手形で受けたときに、この手形の期日前に銀行に売却し、手数料が差し引かれた金額を融資されます。得意先からの販売代金の回収と、支払いのタイミングがうまくかみ合わない時や、急いで資金を集めたいときなどに使用すると便利です。4つ目の融資方法は、当座貸越です。この当座貸越は、金融機関と融資の限度額をあらかじめ設定し、その限度額まで自由に融資を受けてたり返済をしたりすることができます。これらの融資の種類を知ることは、資金調達にプラスになると考えられます。